ヒゲ脱毛は痛い?どのくらいの痛みがあるの?

「ヒゲ脱毛はめちゃくちゃ痛い」という噂を聞いたことがある人も多いでしょう。これから脱毛を考えている人にとって、「どのくらい痛いのか?」ということは大きな心配だと思います。

 

実際のところ、ヒゲ脱毛はどの程度の痛みがあるのでしょうか?

 

今回は、実際に湘南美容クリニックで医療レーザー脱毛をおこなっている僕が、ヒゲ脱毛の痛みについて解説したいと思います。

 

ヒゲ脱毛はどれくらい痛いの?

 

正直に言って医療レーザー脱毛は、かなり痛いです。

 

ヒゲ脱毛の痛みを「ゴムで弾かれたような痛み」なんて表現している人もいますが、実際はそんなもんじゃありません。

 

医療レーザー脱毛は”毛根を焼き切る”施術方法なので、レーザーを照射されているあいだはかなりの痛みを感じます。感覚としては、「痛熱い!」という感じ。

 

僕自身、レーザー照射されているあいだは拳をグッと握っていないと耐えられないほどでした(さすがに、叫びだすほどは痛くありませんが・・・)。

 

医療レーザー脱毛は毛根のメラニンに反応する仕組みのため、ヒゲが濃い部分ほど痛みが強くなります。

 

痛みの度合いとしては、もみあげやアゴ、鼻下が特に痛いです。頬や首など、比較的ヒゲの薄いところはそれほど痛くなかったですね。

 

また、ヒゲが薄い人よりも濃い人のほうが痛みが強くなるので、ヒゲの濃さに自覚がある人は覚悟して行かないといけません。

 

僕がおこなっているのは医療レーザー脱毛ですが、メンズTBCやダンディハウスなどの「ニードル脱毛」は、それよりもさらに痛いです。

 

「ヒゲ脱毛は痛い」というのは事実です。しかし、きちんとした医師のもとおこなわれる医療行為なので、危険はありません。

 

それに、今後の人生でカミソリ負けの痛みから解放されると考えれば、一時の痛みは我慢できるのではないでしょうか?

 

ヒゲ脱毛の痛みを軽減する方法はある?

 

「ヒゲ脱毛が痛いのはわかった。でも、痛みを和らげる方法はないの?」と気になる方もいるでしょう。

 

痛みが苦手な方は、「笑気麻酔」を使うか「メディオスター」という脱毛機器を使うのがおすすめです。

 

吸いこむだけで痛みが和らぐ「笑気麻酔」

 

笑気麻酔は、鼻や口から笑気ガスを吸いこむことで施術時の痛みを軽減する方法です。

 

通常の局所麻酔などは注射してから時間が経たないと効果がなかったり、施術が終わった後もしばらくは痺れが続くといったものが多いのですが、笑気麻酔は吸うとすぐに効果があらわれ、止めるとすぐに回復します。

 

施術のあとに仕事やお出かけの予定があっても安心して使うことができるので、ヒゲ脱毛時の痛みを軽減したい方におすすめです。

 

ただし、一回ごとに2,000円程度のオプション料金がかかるクリニックが多く、毎回の施術で使っていると総費用が大きくなってしまうというデメリットもあります。

 

ヒゲ脱毛はヒゲが多く残っている初めのほうほど痛く、毛が少なくなってくるほど痛みも和らいでくるので、「痛みの強い初回や2回目などの施術だけ使う」といった方法が賢いかもしれませんね。

 

痛みの少ない最新レーザー脱毛機「メディオスター」

 

「メディオスター」は近年になって新たに登場した医療レーザー脱毛機です。

 

従来の医療レーザー脱毛は毛根にダメージを与えて破壊する仕組みでしたが、「メディオスター」は毛根ではなく、”バルジ領域”と呼ばれる発毛因子に作用することで脱毛する医療レーザー脱毛機。

 

比較的痛みが少なく、日焼けして色黒になった人でも利用できるので、かなり人気のある脱毛方法となっています。

 

ただし、”まったく痛みがない”というわけではないので注意してください。それこそ、「輪ゴムで弾かれたような痛み」や「静電気の痛み」のように、衝撃をともなう痛みは感じます。

 

完全に痛みをなくしたい方は、笑気麻酔を使いながらメディオスターで施術するといいでしょう。

 

「メディオスター」は、湘南美容クリニックやゴリラクリニックで利用できます。肌への負担も少ないのでおすすめですよ!