ヒゲ脱毛のダウンタイムとは?どんな症状が現れる?

ヒゲ脱毛の施術直後には、「ダウンタイム」と呼ばれる期間が存在します。

 

ダウンタイム期間中は肌が敏感になっているため、日常生活でもいくつかの注意が必要です。

 

この記事では、ヒゲ脱毛のダウンタイム中にはどんな症状が現れるのか、またダウンタイム中の注意点について解説していきます。

 

ヒゲ脱毛の「ダウンタイム」とは?

 

ダウンタイムとは、施術を受けてから通常の状態に回復するまでの期間のことをいいます。

 

医療レーザー脱毛は高出力のレーザーを肌に照射するため、施術直後には赤みや炎症といった症状が現れます。

 

それらが回復し、肌の状態が収まるまでを「ダウンタイム期間」と表現するんですね。

 

クリニックではダウンタイムの症状が和らぐように、施術直後に保冷剤で顔周りを冷やしたり、炎症止めの薬を塗ってくれたりします。

 

しかしながら、どれだけ対策をしても、赤みやかゆみといった症状は必ず現れてしまうものです。

 

次項からは、ダウンタイム中に現れる症状についてご紹介していきます。

 

ダウンタイムにはどんな症状が現れる?

赤み

 

医療レーザー脱毛はレーザーでヒゲの毛根を破壊する施術方法なので、どうしても肌にも負担がかかってしまいます。

 

施術直後は赤みや炎症といった症状が出やすいです。特にヒゲが濃い人ほどレーザーが反応しやすく、赤みが出やすいでしょう。

 

ヒリヒリ感は半日程度で収まりますが、赤みが完全に収まるまでには1~2日程度かかります。

 

かゆみ

 

ダウンタイム中は、レーザーを照射した箇所がかゆくなる人も多いです。

 

医療レーザー脱毛は肌が乾燥しやすいため、かゆみが出やすくなります。

 

しっかりと保湿することである程度は軽減されますが、施術後の数時間程度はかゆみが現れるかもしれません。

 

もちろん、かゆいからといって肌を引っ搔くのは絶対にNGです。

 

ダウンタイム期間中の注意点

肌に刺激を与えないようにする

 

ダウンタイム中は、とにかく肌が敏感になっています。

 

洗顔時にゴシゴシと擦ったり、肌を引っ搔くようなことをすると、色素沈着や肌荒れ、毛嚢炎などを起こす原因となります。

 

施術直後は肌に刺激を与えないようにすることが重要です。

 

「いつも以上に優しく洗顔する」「タオルでゴシゴシ擦らない」など、なるべく肌に負担をかけないようにしてください。

 

保湿を心がける

 

ダウンタイムに限らないことですが、ヒゲ脱毛期間中は肌を保湿することが大切になります。

 

保湿することで赤みやかゆみが出づらくなるため、ダウンタイムが長引かずに済みます。

 

ヒゲ脱毛直後の保湿には、メントール成分の入っていない化粧水を使うようにしましょう。

 

メントールはスースーとしてサッパリする印象がありますが、揮発性のため肌の刺激が強く、ヒゲ脱毛後の保湿には向いていません。

 

まとめ:ヒゲ脱毛後のダウンタイムはアフターケアが重要!

 

ヒゲ脱毛後のダウンタイムは、保湿をしっかりと行ったり、肌に刺激を与えないようにするなど、アフターケアが重要になります。

 

しっかりとケアすることで、短時間で赤みやかゆみを引かせることができるでしょう。

 

おすすめのヒゲ脱毛クリニック

6回コースが29,800円!『湘南美容クリニック』

  • ヒゲ3部位(鼻下、アゴ、アゴ下)6回コースが税込29,800円で受けられる。
  • ヒゲ全体(口周り、頬、首)でも6回コース税込79,400円と業界最安クラス
  • 累計53万件を超えるヒゲ脱毛実績。
  • 全国で58院以上を展開しているので通いやすい。
  • 管理人も通っている脱毛クリニック。

『湘南美容クリニック』
公式サイトはこちら

3年間追加100円で受けられる!『ゴリラクリニック』

  • メンズ脱毛専門クリニック。
  • ヒゲ3部位(鼻下、アゴ、アゴ下)6回コースが68,800円。
  • コース終了後も、3年間は追加1回あたり100円で施術可能。
  • 追加施術ができるので、ヒゲが濃い人にもおすすめ。

『ゴリラクリニック』
公式サイトはこちら

無期限保障!『ドクターコバ』

  • 業界唯一の無期限脱毛に対応。
  • 1回25,000円、6回目以降は100円で施術可能。
  • 10回以上の施術では業界最安クラス。
  • 医院は銀座、名古屋、大阪のみ。
  • 都市部に住んでいるならおすすめ。

『ドクターコバ』
公式サイトはこちら